ウォークオンミュージックスクールのオンラインレッスン
ボイトレ ギター サックス フルート ベース クラリネット 篠笛

オンラインレッスン ボイトレ

Walk On Voice Method

最先端。
日本一のボイトレメソッド

Walk On Blended Voice

本当のミックス・ボイス

科学的根拠に基づき、
POPSに実用性のある本物のレッスン
 
本来、声楽のために生み出されたフースラーのアンザッツ 理論とPOPSに適応され、簡略化されたハリウッド・メソッドを日本人にわかりやすく組み合わせたメソッド。
 
プロの歌手のように地声のような声で高い音を歌えるようにいたします。 また豊かな表現力と性格な音程を身に付けます。

「腹から声を出せ!
元気よく声を出しなさい!」

それらの指導は全て
間違いです!

野球部の応援団は「腹から声出せ」との良い例です。
あなたは彼らの歌声をお金を払って聞きに行きたいですか?

当スクールのモットーは

楽に音域が広く
良い声を出すことなのです!

 

高い声の出る仕組みについて

声帯という触れ合って息によって振動するものがついてます。
例えるならギターの弦や輪ゴムのように伸び縮みします。

これらの良いバランスをとるのが本当のボイストレーニングなのです。

輪ゴムやギターの弦を思いっきり弾いても、音は高くなりませんし良い音にもなりません。

「腹から声出せ」は、確かに人前で歌うのが自信がない蚊のなくような小さな声には有効です。
しかし、ある程度のレベル以上の人には逆効果です。

輪ゴムや弦を思いっきり弾き、それらを切ってしまうことがあります。
同様に、喉にもかなりの負担がかかります。

 

アンザッツとは

アンザッツというのは「声をおく」という意味です。
フレデリック・フースラーという声楽教師が提唱しました。

別の言い方ではプレイスメントと言います。

声がその場所で響いているように感じることからそのように言われています。
注意点として、「響きの位置」 の章でも説明しましたが、実際にその部分が共鳴しているわけではなく、声帯内の筋肉の反応の結果として「そのように感じる」声帯のポジションだと理解しましょう。

Walk On Blended Voiceとは?

新時代のミックスボイスです。
英語のMixという単語は色々な人種や犬や猫の別の種類が混ざったという意味でも使われる通り、「自分の意志とは関係ない」「混合」という意味合いがあります。

Blendという単語は、コーヒーなどの飲み物でも使われる通り、「自分の意志で融合した」という意味合いがあります。

自分の意志で表現するのが歌です。

色々な発声を学び、自らBlemdしていくのが本当の歌声でしょう。

 

生徒様の声

Walk On Online Lesson

オンラインレッスンの
特徴

超高画質・超高音質!
  絶対途切れない!
オンラインレッスン

プロクオリティの機材を使用

AKG製 コンデンサーマイク​

SONY製 HD対応ビデオカメラ使用​

プロクオリティの機材を使用

AKG製 コンデンサーマイク

SONY製 HD対応ビデオカメラ使用

※お客様のインターネット環境にも影響いたしますので、そちらが不十分である場合には音切れなどが起こる場合がございます。
※その場合は、途切れない環境にできるようアドバイスいたします。
※こちらの環境が原因で回線が途切れたり、これまで一度も音切れが生じたことはございません。

ZOOMを使った体験レッスンなども実施中です

コロナウイルス感染防止休業要請期間中は、
オンラインレッスンを受講される生徒も増えました。
対面との組み合わせも自由にできます。

まずは体験レッスンへ!